定期的にレジストリのクリーンアップをおすすめします。

Windowsを長く使っていると、様々なソフトウェアをインストールしたり、アンインストールしたりしますが、そうしていくうちにレジストリには不要なゴミが溜まっていきます。
あまり溜まるとWindowsの起動や動作が遅くなってしまいます。

クリーンアップを行ったとしても、劇的な改善を感じる事は少ないかもしれませんが、定期的に行うことでパソコンをいつまでも快適に使って不具合を未然に防ぐ効果が見込めます。

 

前回、CCleanerをご紹介して、その中にもレジストリクリーナーの機能が付いてるのですが、私は別のソフトを使用しています。

 

Wise Registry Cleanerを紹介します。

Wise Registry Cleaner

海外製のソフトですが日本語に対応しており、ポータブルで使用できるのがおすすめです。
まずは、WiseCleanerのサイトへ行き、上部『Downloads』をクリックします。

wisecleaner_hp

ダウンロード一覧のページで『Wise Registry Cleaner x.xx』を探し『Portable Version』をクリック。

wisecleaner_download

『Download Now』をクリックし、デスクトップ等に保存します。

wisecleaner_download2

保存したら『WRCFree.zip』を右クリック⇒『すべて展開』

右クリック-すべて展開

展開後のフォルダから『WiseRegCleaner.exe』をダブルクリック。
『Wise Registry Cleaner Free』が起動したら、日本語化を行います。
※英語版で良いという方は読み飛ばしてください。
『Settings』をクリックします。

wise_settings

『General』⇒『Default Language』で『Japanese』を選択して『OK』をクリックします。

wise_japanese

日本語化されているのを確認したら、『スキャン』をクリックします。
※お使いの環境によっては、時間がかかることがあります。

wise_scan

エラーが検出されます。
安全な項目には緑色のマーク、注意が必要と思われるものには黄色のマークが表示されます。
※下図には445箇所の問題点が見つかりました。

私はいつも黄色は無視して、そのまま『クリーン開始』ボタンを押します。

wise_fix

wise_clean

クリーン後、Windowsの動作が不安定になったり不具合があれば、レジストリを前の削除前の状態に戻すことで解決することがあります。
このソフトは『クリーン開始』を押した際に、自動でバックアップを取ります。
『設定』の横の『復元』から戻したい日時を選択して『復元』を押せば、前の状態に戻ります。

 

その他にもこのソフトには『システムの調整』や『レジストリのデフラグ』機能が付いています。

 

システムの調整
Windowsの起動やシャットダウンの高速化やシステムの安定性・高速化、ネットワークの高速化をワンクリックで行うことができます。

 

レジストリのデフラグ
レジストリの断片化を解消することで、読み込み速度を改善し、Windowsの起動を高速化します。
数か月に一度程度の頻度で十分かと思います。
※再起動を伴う上、時間も少々かかります。

 

レジストリのクリーンアップ自体、頻繁に行わなくとも良いと思いますが、定期的に行うことをおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ