Excel2010以降にてxlsファイルを開くと強制終了する

■現象:Excel2010及び2013以降にて確認。xlsファイルを開くとExcel自体が強制終了し開けなくなることがある。

切り分けとして、xlsxファイルを開くと問題なく開けた。

■対処:xlsファイルをxlsxファイルにすることで再発しなくなった。

※Excel2010での説明。元のxlsファイルがxlsxファイルに変わるので、念のためコピー等してバックアップを推奨。

エラーが起こるファイルを開いた状態で、Excelの「ファイル」をクリック。

2015y01m12d_025859566

基本はその後「情報」を開いた状態になるので、そのまま一番上の「互換」をクリック。

2015y01m12d_030718663

画像のようなメッセージが出たら、「OK」をクリック。

Excelが一度閉じて、再度開くので開いたら完了。

Excelの強制終了のみでなく、ファイル単位でのエラーが起こったら試してみると良いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ