デスクトップのショートカットが消える

これもWindows7での現象です。

いきなり、デスクトップ上からショートカットアイコンが消えてしまって困るという話を聞きます。

Windows7では、デスクトップ上に4つ以上ショートカットがあり、かつ壊れている(一時的なリンク切れ含)と保守タスクというものが、勝手に削除するようになっているようです。

お節介な機能ですが、無効にすることで回避できるようです。

無効にする方法は、コントロールパネルから『システムとセキュリティ』をクリック
コントロールパネル

『コンピューターの一般的な問題のトラブルシューティング』をクリック
システムとセキュリティ

左側のメニューから『設定の変更』をクリック
保守タスク

『コンピューター保守』を無効にし、『OK』をクリック
保守タスク_無効

これで、デスクトップからショートカットが消えるという現象は改善できました。
保守タスクを停止すると、他に何か影響等があるかもしれませんが、
今のところ、特に不具合等は起きておりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサーリンク

このページの先頭へ